新着情報
カテゴリー : 大会

全道フットサル選手権大会 2019・U-12の部
12月8日(土)
全道フットサル選手権大会2019・U-12の部・札幌地区予選が行われました。

第1試合vs KitagoFCアズベルデ
0●6 得点者:なし。
スターティングメンバー
 GK 内山
 FP 奥村、木村、途中、安井
 SUB

第2試合vs 真栄サッカー少年団イエロー
0●7 得点者:なし。
スターティングメンバー
 GK 内山
 FP 奥村、木村、途中、安井
 SUB

6年生の6選手だけで挑んだ大会でしたが、当日欠席した選手が1名。交代枠なしの5名で戦い抜きました。
第1試合は、フワフワした感じで試合に入り、全力プレーが全くない試合でした。第1試合終了後、選手全員に、負けたことより「必死に戦う」という姿勢がコートで出せないとダメだということを伝えました。1人1人思うこともあったと思いますが、第2試合では開始直後から全員が「必死に戦う」姿勢を出してプレーしてました。結果は第1試合より失点してますが、試合後の選手たちの“やりきった”という表情が見えたことが、何よりの収穫でした。
もちろん、勝負の世界ですから「勝ち負け」という結果も大事ですが、この小学生年代は、育成年代でもあります。クラブ設立からサッカーの技術だけを育成すれば良いわけではないと考え、人としても育成することも大切だと考えております。
6年生は卒業まで残り数ヵ月です。少しでもサッカーの技術もそうですが、人としても成長してもらえるよう指導していきます。

最後になりますが、応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。次の大会では、ゴールを決めて選手とともに盛り上がりましょう!!
2018-12-08
蹴道サッカークラブオフィシャルスポンサー